INZEALシャンプー

 

INZEAL


INZEALシャンプーが新たに発売され

 

楽天などの口コミで人気になっています。

 

 

以前はINZシャンプーとい商品名で販売されこちらも人気でしたが、「アルガンオイル」という新成分が追加され、

 

商品名も新たに「INZEALシャンプー>」としての発売です。

 

元々、アミノ酸系シャンプーが頭皮ケアに敏感な方に人気ですが、

 

どうしてINZEALシャンプーが通販で人気なのか?

 

 

髪のボリューム感がなくて困っていた私は、実際に購入して試してみましたので、

 

その実際の使用感とその秘密についてレポートします。

 

INZEAL


 

1.シャンプーの種類と特徴

シャンプーの種類は大きく分けて次の3つがあります。

 

(1)高級アルコール系シャンプー

高級アルコール系シャンプーは、最も多くの商品が販売されている分類です。
高級といっても、品質が良いとか価格が高いという意味でなく、「炭素数が多い、分子量が多い」
という意味であるに過ぎません。

 

また、高級アルコール系シャンプーは更に以下の2つに分類されます。
 @硫酸系シャンプー
 Aスルホン酸系シャンプー

 

メリットは、「泡立ちが良い」「洗浄力が強くスッキリ感」があり、生産コストを低く抑えることが出来るため、比較的安価です。
デメリットは、洗浄力が強すぎるため、髪や頭皮に強い負担をかけてしまう。また、タンパク質変性作用をもつため、
環境への影響が懸念されています。

 

 

(2)石鹸系シャンプー

石鹸系シャンプーは、硫酸系・スルホン酸系とは違い、肌に優しく、しっかりと汚れを落とせます。
ところが、アルカリ性であるため髪との相性が良くありません。
つまり、キューティクルが開きいてしまうため髪がきしみます。
これを防止するためシリコンを入れている場合があります。
更には、アルカリ性を中和するために酸性リンスが必要な場合があります。

 

 

(3)アミノ酸系シャンプー

もっとも低刺激でありながら、洗浄力は十分にあります。
頭皮トラブルに悩む人に好かれ、育毛サロンなどでのシャンプーとして主流です。
しかしながら、原価が高いのと、スッキリ感が他の洗浄成分よりやや落ちます。

 

INZEAL

 

アミノ酸系シャプーの適度な洗浄力は、必要以上に皮脂を洗い落とすことがなく

頭皮の皮脂膜は守ってくれながら汚れを充分に落とすことが出来ます

 

 

2.INZEALシャンプーの特徴

洗浄成分名

メリット

デメリット

硫酸系(硫酸と付く成分)

 

代表成分
ラウリル硫酸Na、ラウレス硫酸Na、パレス硫酸Na

利用者のメリットとしては、泡立ちもよく、洗浄力が強いので
「スッキリ」した感じがする。
生産側メリットとしては、生産コストが安い。

洗浄力が強いため、髪や頭皮の水分油分を奪い頭皮に負担をかけてしまう。
また、強いタンパク質変成作用をもつ。魚などへの毒性があり、環境悪化の原因ともいわれている。

スルホン酸系(スルホン酸と付く成分)

 

代表成分
オレフィン(C14-16)、スルホン酸

硫酸系と同様に、泡立ちがよく、洗浄力が強いので「スッキリ」感を持つことはできる。
生産側メリットとしてもこちらもコストが安くできる。

硫酸系と同じくらい頭皮に負担をかけてしまう。
こちらも強いタンパク質変成作用をもっている。
魚などへの毒性あり

石鹸系

 

代表成分
カリ石けん素地、石けん分、脂肪酸ナトリウム、脂肪酸カリウム

硫酸系、スルホン酸系とは違い、肌に優しく、しっかりと汚れを落とす。

アルカリ性であるため、髪との相性がよくない(髪は弱酸性)。
そのため、キューティクルがパサっと開いて髪がきしむ。
これを防止するために、シリコーンを入れている場合がある。
アルカリを中和するために酸性リンスが必要な場合がある

アミノ酸系(INZEALシャンプーはここ

 

代表成分
ココイルグルタミン酸TEA、コカミドDEA。ラウラミドDEA

もっとも低刺激と言われていながら、洗浄力は十分にある。
頭皮トラブルに悩む人に好かれる。
育毛サロンなどではこういったシャンプーが主流

原価が高い。
シャンプーのすっきり感が他の洗浄成分よりやや落ちる。

 

 

3.実際の使用感

 

INZEAL1

実際にINZEALシャンプーを使ってみて思ったよりも

 

泡立ちが良いので安心しました。

 

コツは、写真のようにシャンプーを手にとってから泡立てることにあるようです。

 

香りは僅かにありますが、シャンプー後には、残りません。

 

 

 

 

 

 

 

 

INZEAL1